法人概要

画像

画像

理事長 村城 正

私たちに何かお手伝いできることがありますか。
私たちは、あなたのその笑顔に会いたくて、
お手伝いしているんです。
あなたのその笑顔が、
私たちの「やりがい」と「喜び」なんです。
あなたの笑顔を見ていると、いつも元気が出てくるんです。

私たちに何かお手伝いできることがありませんか。
私たちは、何も特別なことはいたしません。
あなたがいつも家庭で生活していたように、
ふつうに過ごしていただきたいだけです。
あなたが今までと同じように、自分らしい生活が続けられるよう、
少しお手伝いさせていただくだけなんです。
また、あなたが家庭や保育園の中で、
周りの人達の愛情をいっぱい受けて 「生きる力」を育んでいけるよう、
少しお手伝いをさせていただくだけなんです。

私たちに何かお手伝いできることがありますか。
私たちは、あなたが施設や保育園の中で、
できるだけ自分らしく人間らしく生活していただけるように頑張ります。
あなたが住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らし続けたいのなら、
その「想い」にできるだけ応えられるよう、あなたの家庭での生活を応援します。

お年寄りから子どもまで、
みんながいつまでも安心して暮らせる地域や町であって欲しい。
これが、私たちの願いです。

私たちの理念 

画像

1、利用者本位(お年寄りや子どもたちおよび家族を含む)

◆ 常に利用者(本人および家族を含む)が基本であり、私たちの考え方や行動の基準(出発点)であること。
  利用者の意見を尊重し、利用者重視の考え方を貫くこと。
◆ 一人ひとりが持ってる人間としての権利や尊厳を守ること。
◆ 「拘束」の禁止。私たちは、いかなる場合も「やむを得ない」という考え方を正当化しないこと。

2、喜びの共有・育ち合い

◆ 入居者、利用者の「喜び」や「悲しみ」「想い」などをみんなで共有しあうこと。
◆ そのためにも入居者、利用者、家族、後援者、職員がみんなで共感しあい、
  理解や納得できる組織運営をめざすこと。
◆ 保育園では、子ども預けるだけの施設ではなく、子どもの成長と発達を保障し、
  親も園もともに学び協力し、育ち合うこと。

3、安全・安心の介護(介護事業所)、子どもの最善の利益(保育園)

◆ 「安全」は、物理的制約(建物、設備など)にもかなり左右されるが、初めからあるものではなく、
  「私たちがつくりだすもの」であること。
◆ したがって、できるだけ対策を講じて事故や危険を防ぐことで、「安全」が保障されること。
◆ 安全面で大きな欠落があれば、協同福祉会の信頼をなくし存在さえも
  危うくするということを認識しておくことが大切。
◆ 「安心」も、初めから存在するのではなく、「私たちの心(配慮)と、みんなの努力でつくりだすもの」
  であること。「安全」が「安心」に通じること。
◆ 「安心」は「安全」と不可分の関係にあるが、かりに安全であっても、
  その人が不安を感じていれば安心とは言えない。
  安全であり、かつ安心して身も心もゆだねられる協同福祉会の存在であることをめざす。
◆ 「親にとって」「保護者にとって」嬉しいこと、助かること、よりもまず
  「子どもがこれから育っていく上でプラスになること」を優先すること。
◆ 主体である子どもの意思と力を尊重することするとともに、プロとして、
  「今何がこの子の発達にとって重要なのか」を見極める力が保育士に要求されること。

4、生活の再建

◆ 心身機能の低下、傷害、病気などによって、これまでと同じ生活を続けることが困難となってしまった状況下で、
  ケアによってできるだけ「その人らしい新しい生活」ができるようにしていくこと。
  (生活の再建は、自分らしい新しい生活をするための「前提」であること)
◆ 「その人らしい新しい生活」に向けて、それらを援助し保障していく取り組みとして、
  あすなら苑では「10の基本ケア」を位置付けて実践していくこと。
◆ ICFでのリハビリの目的となっている「生活機能の回復」に通じる中身である。
◆ 「こうなりたい」「これがやりたい」という目標を自分で探し出し、それに向けて努力できる力があれば、
  どんな状況でも前向きに生きていける。そのような自主性・主体性を育むこと。
◆ まずからだの基礎をしっかりつくり、基本的な生活が健康に規則正しくできるようにすること。

5、地域に開かれた組織

◆ 「いつまでも安心して暮らせる地域や街」にしていくためには、私たちだけでなく
  地域の様々な人々との協力や共同が必要であること。
◆ その役割と一端を担うには、何よりも地域から信頼される組織であることが大切であり、活動内容や取り組みが、
  外から見てわかりやすい開かれたものであると同時に、自由に参加や参画できる場や条件が
  できるだけ保障されていること。

6、誠実で正直な運営

◆ 協同福祉会の運営については、関係者の意見なども聞きながら、
  みんなでよく討論し、できる限りみんなが納得できる運営に心がけることが大切なこと。
◆ 職員一人ひとりが、組織の運営や方針に自覚的に参画していくことによって、
  「やりがい」や「大きな組織の力」になっていくこと。
◆ 常に誠実で正直な運営を行うこと。
◆ 会議運営あり方や情報の共有化なども一つ一つ工夫し、大切にすること。

7、学習する気風と活気のある楽しい職場

◆ 高齢者福祉における理論やケアなど、未確立な部分が多いことを認識し、
  日々の学習と実践による積み重ねを大切にすること。
◆ 協同福祉会は、歴史も短く経験も浅いことを深く認識し、みんなで学習し合って力を発揮し、
  日々向上していくことが大切なこと。
◆ 独自性や優れた特色(オリジナルな部分)をどう創り上げられるかが、これからより大切となること。
◆ 職員一人ひとりが、「働きがい」と「やりがい」の感じられる職場や環境づくりに努力すること